【FX】今週のドル円(USD/JPY)テクニカル分析(2018/1/14~)

FX NO IMAGE

今週もドル円(USD/JPY)のチャートを見ていきたいと思います。

FX:ドル円(USD/JPY)日足チャート分析

まずは日足から

相変わらずの下降トレンド中(オレンジ線)。まずはこの下降のトレンドラインを抜けれるかがポイントとなるでしょうか。

FX:ドル円(USD/JPY)一時間足チャート分析

次に1時間足を見てみます。

昨年12月27日から引いている下降のトレンドラインと、1/3の実体部分から引いた上昇のトレンドラインとで三角持ち合いになっていましたが、
一瞬上にブレイク(緑矢印)するも109円の壁が、予想以上に強いのか押し戻されてしまいました(赤矢印)。

前回の分析では一旦の下目線とお伝えしていましたので、三角持ち合いは一瞬上にブレイクはしましたが一応予想的中?

その後107円の後半で反発し、 12月27日から引いていた下降のトレンドラインも上抜けている形です。

今週どうなるかですが、週の初めはこちらでお伝えしましたが英国のEU離脱協定案の下院採決がありますので、様子見ムードで円高に少し傾くのではないかというところ。

そして週の半ば頃からは、株価も徐々に上がってきていることもあり、青線の上昇のトレンドラインに沿って、上昇していく動きになるのではないか?
というところを予想しています。

何はともあれ、週の前半は大きく動く可能性もあるため、警戒しながらトレードするのが良さそうです。